家電を頻繁に買換える人

家電を頻繁に買換える人

TVはことあるごとに各メーカーから新発売されています。当然、買うお客さんがいるからこそ発売されるのだとは思いますが、よほどのことが無ければTVは壊れることはありません。となると、TVはそうそう買換えるようなものでは無いと思うのです。

これはTVに限ったことではありません。あらゆる家電に共通して言えることです。1回購入すれば、数年、いえ使いようによっては数十年使えるという優秀な寿命性能を持つ商品ばかりです。

ものを大切に使う人にとっては、家電の買い換えなど壊れない限りはしないでしょう。しかし世の中には壊れる前に買い換えする人もいます。そういった人は、ある意味家電の買換えが趣味のようなものとなっていることなのでしょう。

家電は新商品が発売されるたびに、新しい機能を何かしら搭載して進化しています。そのような進化は家電好きにはたまらない魅力であり、ついそれに惹かれて買い換えをしてしまう人もいるそうです。

より便利なものとなり、より暮らしを満足させてくれる家電は、毎回新商品に買換えることで得られることができます。しかし、家電好きな人間にとっては、そのようなメリットよりも最先端の技術が自宅にあるという満足感に浸ることができるほうが大きなものという気がします。

趣味として何かを愛好する方の特徴は、大きく分けて2つあると思います。1つは「古いものを追求して楽しむこと」。そしてもう1つは「新しいものを追求すること」です。

乗り物を趣味とする人に例えてみましょう。最先端のレース技術をフィードバックした高性能・高堪能車両は、新しいもの好きにはたまらなく魅力なものとして目に映ります。新型が発売されるたびにを乗り換えをする人も多くいます。この家電バージョンが、TVといった家電を頻繁に買い替えする人なのです。

そう考えれば、家電をすぐに買換えてしまう人の気持ちが分からなくも無いでしょう。使える使えないの分別で考えるのではなく、技術に興味を抱いているのですから。

ちなみに、趣味として古いものを追求して楽しむ人の家電バージョンはというと、レコードや無線といったアナログ機器に興味を持つ方が多いことでしょう。そのため家電の買い替えをすることはあまり無いと思われます。これもまた、家電の楽しみ方と言えるでしょう。

お腹痩せ

オリンピックの情報は日本以外もぜひ

ロンドンオリンピック。みんな夜更かししてがんばって観ている人が多いですね。実に羨ましい限りです。私なんかは仕事の忙しさが思い切りオリンピックと重なってしまったものですから、まったくもって観れていません。

私は体操が好きなので、それくらいは何とか観ようと思ったのですが、ほとんど観れませんでした。なんとかがんばって観れたのは、女子体操団体だけでした。いやしかし、この女子体操団体だけでも観れたのはかなり良かったですね。凄く白熱して観ることができましたから。

日本は決勝8位ということで、前回の北京オリンピックの5位を下回る残念な成績となってしまいましたが、それでも各種目の演技、見事でしたとTVの前で拍手をしました。

今回の結果に選手たちは、悔しさを感じているようでしたが、きっとそれは次のオリンピックへの力となり、決して無駄なことは無いでしょう。

日本の選手には申し訳ないのですが、今回の女子体操団体において最も白熱してしまったのは、見事圧倒的差を見せ付けてくれたアメリカの演技でした。もう凄かったです。

当然金メダルもアメリカでした。アメリカの女子体操団体の金は16年ぶり。2位の体操王国ロシア、そして3位のルーマニアを押さえての今回のアメリカ1位は、歴史に残るであろう大勝利とも、解説のアナウンサーが言っていましたね。

最もアメリカの演技のうちで興奮したのは床でした。素晴らしい笑顔を崩さずに難易度の高い技を次々披露したアメリカの選手たちは、圧倒的な力強さと華麗さ、そして余裕も感じさせてくれました。

しかし視聴後、アメリカ女子体操団体に関して色々調べたのですが、残念なことにどこのサイトを調べても出てくるのは日本は残念だったという情報ばかり。これには私、疑問を抱いてしまいました。

金メダルを獲得した国、というより、他国の情報をもっと知らせるべきでは無いでしょうか? これではまるで、自国以外のことはどうでも良いといった感じに思えてしまいます。

金メダルを見事獲得したアメリカへの賛辞、惜しくも金を逃したロシア、ルーマニアの悲しみと悔しさの交じった表情。また、メダルに届かなかった日本以外の国。これら全て、しっかりと日本人にも伝えるべきでは無いでしょうか?

私が見逃した競技、日本以外の選手達にも大いに感動を覚えることができたはずです。その情報を知ることができないのは残念で仕方ありません。